最近「深呼吸」いつ頃しましたか?

運動をした時や緊張をほぐそうとした時などに深呼吸はしますよね。

しかし、毎日深呼吸をしている人は少ないのではないでしょうか。

ここでは、深呼吸の効果や仕方などを解説します。

 

深呼吸とは

たくさんの空気を吸って、そして吐く深い呼吸のことを言います。

では、深呼吸にはどのような効果があるのでしょうか?

 

深呼吸の効果

① リラックス効果

深い呼吸をすることで、ストレスを感じている体をリラックスさせることができます。

これは、交感神経の働きが弱まって、副交感神経が活発になることによるものです。

副交感神経は、体を落ち着かせる働きがある神経です。

そして、幸福感を高めるホルモン「セロトニン」の分泌が促されるので、精神的なストレスを和らげてく

れます。

ストレスを感じるときに深呼吸をすれば、イライラも軽減されます。

 

② 免疫力が高まる

深呼吸をすると、全身にたくさんの酸素を送り込むことができます。

そうすると、体の中にある細胞も活発になり、免疫力を高めることができます。

そして、自律神経のバランスも整えられ、体の健康を維持することができます。

 

③ 冷え性の改善

深呼吸をすることにより、肺や横隔膜、内臓などが動きます。

そうすると、体温が上がり血行が良くなり冷え性を改善することができます。

 

④ 便秘の解消

深呼吸をすると、腸の働きも活発にすることができます。

そして、副交感神経が優位になり腸の働きを良くします。

そうなることにより、溜まった宿便を出すことができ、便秘解消にります。

 

⑤ ダイエット効果

深呼吸をすることにより、全身の細胞が活発になり、基礎代謝を高めることができます。

基礎代謝が上がれば、特に運動をしなくても痩せやすい体質になるのでダイエット効果があります。

 

⑥ 安眠効果

深呼吸には、リラックス効果があるので全身の筋肉がほぐれて精神が安定した状態になるので、ぐっすり

と寝ることができます。

寝つきが悪く寝れない人は、布団に入る前に深呼吸をして寝ると良く寝れます。

 

⑦ 美肌効果

リラックスして寝ることにより、睡眠の質が高まります。

質の高い睡眠は成長ホルモンが分泌され、肌の細胞や新陳代謝などが高まり美肌効果に繋がります。

年齢とともに成長ホルモンは減ってきています。

寝る前に深呼吸をして寝ると美肌効果の改善にもなります。

 

⑧ 生活習慣病の予防

深呼吸をすると肺から、「プロスタグランディンI2」「プロスタグランディンE」という物質が

でます。

血管を広げて、血圧を下げたりコレストロールの吸収を抑える効果があります。

高血圧の改善やや動脈硬化の予防になります。

現代社会では、若い年齢から生活習慣病が発症すると言われています。

深呼吸をして、しっかり体の予防をしましょう。

スポンサーリンク

深呼吸の仕方

  

   ① 背筋を伸ばし、肩の力は抜いてリラックスした状態にする

   ② お腹に手を当てます。(動きを感じることができます)

   ③ 口からゆっくり空気を吐きます。(今ある空気を吐き出します)

   ④ 吐き出して済んだら、今度は口を閉じて鼻からゆっくり空気を吸い込みます。

   ⑤ ③と④を数回繰り返します。

 

さらに効果を高めたいのであれば

空気の良い高原やお花畑などをイメージしながらすると、効果が高まります。

 

 

 

おすすめBOOK

スポンサーリンク