昔からびわの葉茶は、健康茶として知られています。
そして、そのびわの葉茶にはとても優れた成分が沢山入っています。

スポンサーリンク

びわの葉に含まれる成分とその効果

アミグダリン 抗がん作用、鎮痛作用
タンニン 腸内整腸作用、抗酸化作用
サポニン 抗炎症作用、抗菌作用、抗アレルギー作用
クエン酸 疲労回復、食欲増進、肝臓病予防
ブドウ糖 エネルギー補給、疲労回復、動脈硬化予防

 

びわの葉茶の効果

がん予防効果 びわの葉に含有されるアミグダリンの働きにより、ガンの予防になるとも言われています。
利尿効果・去痰効果 びわの葉に含まれているタンニン、サポニンなどの働きにより、利尿、去痰作用があるとされています。
胃腸病予防効果・肝臓病の予防改善効果 びわの葉に含まれる成分の相乗効果により、胃腸病、肝臓病に効果があると言われています。
糖尿病予防効果・高血圧改善効果・アレルギー改善効果 びわの葉に含まれる成分の相乗作用により、糖尿病予防や高血圧の予防、アレルギーの改善効果があると言われています。

 

びわの葉茶の作り方

びわの葉を煎じて飲む方法です。
びわの葉で、びわの葉茶を作ってみましょう。

 

 ➀ びわの葉の裏の綿や汚れを綺麗に落とします。

     綿がとれない時は、たわしを使うと案外簡単に取れます。

 

 

 

 ➁ びわの葉を3cmくらいに刻みます。

 

 

 

 

 ➂ びわの葉を干してよく乾燥させます。

 

 

 

 

 

 ➃ フライパンで軽く炒るります。

   お茶を飲むときに青臭さがありません。

    美味しそうな香ばしいお茶の匂いがしてきますよ。

    そして、冷まします。

 

 

 ➄ 冷ましたら密封容器に乾燥材と一緒に入れます。

    湿気の少ないところに保管しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 ➅ お茶用パックに約5g程度の葉を入れてティーパックを作っ

   て置くと便利ですよ。

    約1.5ℓの水にティーパックを1つ入れて火にかけます。

    沸騰したら中火にして、約5分ほど火にかければ「びわの

    葉茶」の出来上がりです。

 

スポンサーリンク