こんにゃくは、低カロリーでダイエットの食材としてよく知られています。

この「こんにゃく」には、ダイエット以外にも効果があることをご存知でしょうか?

こんにゃくの効果の凄さをご紹介いたします。

こんにゃくの特徴

こんにゃくは、こんにゃく芋からできています。そして出来たこんにゃくの成分には、97%は水分で、

それを除くと、残りの主成分はグルコマンナンです。グルコマンナンには注目すべき効果があるのです。

コンニャク芋に含まれている成分のグルコマンナンは水溶性食物繊維で、コンニャクにすると不溶性食

物繊維になるのです。

 

水溶性の食物繊維の効果

水溶性食物繊維は、水に溶けると、胃腸で水分を吸って、ドロドロのゲル状になります。ゲル状になると

お腹が空きにくくなり、食べ過ぎを予防することができ、そのうえダイエット・糖質の吸収を緩やかにす

るなどの効果が期待できます。

 

不溶性食物繊維の効果

不溶性食物繊維は、水に溶けません。水分を吸って大きく膨らみ、腸を刺激して、腸のぜん動運動を活発

にして便通を促す作用が期待できます。

こんにゃく芋をコンニャクに加工すると、グルコマンナンは水溶性から不溶性になるのです。

スポンサーリンク

こんにゃくを摂取、その効果

こんにゃくを摂取すると、様々な効果があります。

肥満対策

こんにゃくはカロリーがありません。。こんにゃくを食べると、不溶性食物繊維の効果に述べたように、

満腹感を感じるのです。だから、肥満対策をする方にはとても良い食材なのです。また、糖尿病で食事

制限をしないといけない人にも効果的ですが、こんにゃくだけの摂取では、栄養が不足して栄養失調に

なる恐れもあるので、食事の組み合わせをよく考えて摂るようにしましょう。

 

動脈硬化の防止

食物繊維のグルコマンナンは、血糖値やコレストロール値を下げる効果もあるのです。現代人には、脂肪

分や糖分の多い食生活が原因で、血液中のコレストロールが上昇し動脈硬化や生活習慣病にかかる人が多

くなってきています。そこで、グルコマンナンを摂取することにより、コレストロールの上昇を抑え、ま

た動脈硬化の予防にもなるのです。

 

カルシウムを吸収する

こんにゃくには、カルシウムが豊富のうえアルカリ性という特徴があります。アルカリ性の特徴は、酸に

溶けやすく体内に吸収されやすい性質があります。カルシウムと言えば、お魚をイメージする人が多いか

と思いますが、こんにゃくにもカルシウムは含まれています。カルシウムは歯や骨をつくる成分で、こん

にゃくを摂取すれば、骨粗しょう症の予防にも効果を発揮するのです。カルシウム単体だけだと、体内

への吸収率はよくありませんが、ビタミンDを含む食材と一緒に摂ると、吸収率は向上します。ビタミ

ンDを含む食材には、キノコ類、鮭、イワシなどがあります。

 

まとめ

こんにゃくの効果についていかがでしたか?

何気なく食べている「こんにゃく」には、こんなに効果があったのかと、驚かれた方も多いのではないで

しょうか。このこんにゃくには、低カロリーのうえに様々な効果があります。

しかし、たくさん食べればよいというものでもありません。一度にたくさん食べたからといって、効果が

すごくよくなるといったことではありません。

そして、注意しないといけないのは、この「グルコ

マンナン」は食べ過ぎると下痢を起こすことがありま

す。1日あたりのこんにゃくの適正量は約250グラ

まで。ちょうど市販されている板こんにゃく1枚

分くらいが目安になります。こんにゃくの摂取量を守

って美味しく、また健康に役立ててください。

 

知ってた?「こんにゃく」は手間暇かけて作られていることを!

スポンサーリンク