びわの葉風呂に入ると、殺菌効果があるため皮膚の炎症を抑えてくれます。ニキビやアトピー性皮膚炎などの肌トラブルや皮膚病の治療に効果があり、体臭やわきが、加齢臭を予防します。そして肌がつるつるすべすべになります。もちろん美肌美白効果もあります。また身体の疲れも癒してくれます。びわの葉風呂に入ると、身体がポカポカになるので、冷え性や湯冷め予防の効果も期待できます。沢山の効果が期待できるので是非、「びわの葉風呂」を体験してみてください。

スポンサーリンク

【びわの葉風呂の作り方】

びわの葉風呂の入り方には、3つの方法があります。

   ➀びわの葉をお風呂に入れる方法

   ➁びわの葉を煮だてて煮汁を入れる方法

   ➂びわの葉エキスを入れる方法

 

まず、1つ目は

  ➀ びわの葉の裏の綿や汚れを綺麗に落とします。

     綿がなかなかとれない時は、たわしを使うと案外簡単に

     取れます。

 

   ② 綺麗にしたびわの葉を直接お風呂の中に入れます。

     お風呂の大きさで、びわの葉を調節してください。

     他にも、10〜20枚程のびわの葉を2〜3cmの大き

     さに切ります。そして、布の袋に入れて湯船につけて使

     用してもよいです。

 

 

 

2つ目は、

➀ びわの葉(10枚〜20枚)をお湯で煮ます。

  お湯が茶色くなったら、そのお湯をお風呂の中に入れ

  ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つ目は、

    びわの葉酒(びわの葉エキス)をコップ1杯程お風呂に入れ

    る方法です。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク